保険適用内での診療

池のボートに乗る

京都は古来からの名所旧跡が数多く残っている貴重な都市で、その街並みを観光に訪れる人が多くいます。
年間を通して全国からツアーの団体客や修学旅行生、また多くの外国人の姿を見ることが出来ます。
主な観光地としては、金閣寺、銀閣寺、平安神宮、清水寺、嵐山、祇園など多くあり、数え上げればきりがないほどです。
また、嵐山方面には時代劇映画の撮影で有名な東映太秦映画村もあります。
それら観光地を巡る場合、バスが便利です。
観光客を輸送するために京都市内は非常にバスの交通網が発達しており、一日フリー乗車券を買えば何度バスを乗り降りしても金額が一定のサービスとなるチケットも発売されています。
お土産屋さんも多く、旅も思い出に買って帰る人がほとんどです。

京都は歴史的に見ても長きにわたって栄えた町です。
学校の教科書で習ったように室町時代には足利氏がこの地を都にしていた時代もあります。
その後、江戸時代になって都は今の東京に移りましたが、京都の文化は衰えることなく、独特の趣のある風情を保ち続けました。
第二次世界大戦時には日本の多くの都市が被害を受けましたが、幸いにも京都は大きな被害を受けず、奈良とともに古来からの寺院、仏閣等が残せたという訳です。
昨今、時代の移り変わりはありますが、京都の文化遺産の価値はますます高くなっており、連日世界からの観光客が絶えない状況です。
外国からの評価も非常に高く、今後もその歴史的価値は永遠に語り継がれていくものと期待できます。